地域包括ケアの一翼を担う「大人の教室」地域の方との交流地点になっています。

地域包括ケアの一翼を担う「大人の教室」地域の方との交流地点になっています。

廻谷 勇志
Yushi Meguriya

2013年 入社
首都圏事業部 事業所長/
「大人の教室」講師

男気があって熱い人。社長は理想のリーダーです。

男気があって熱い人。社長は理想のリーダーです。

就活中は、人と接する仕事がしたいと漠然と思っていました。サービス業の中でも福祉業界を選んだのは、説明会で介護職の魅力を知ったから。また、将来的にも成長性や安定性があると考えたからです。最後に受けた社長面接では、学生時代に続けていた野球の話しかしていません(笑)。そのときから風通しのいい会社だなと感じていましたが、事業所長になった今、社長との距離はさらに近くなりました。私にとって社長は、男気があって熱い憧れの人です。核となる思いを強く持ちつつも、誰にでもオープンマインドで、社員の意見もちゃんと吸い上げてくれる。理想のリーダーですね。

画像
画像

入社1年半でリーダー職へ。やる気と実力次第でステップアップできる環境

入社1年半でリーダー職へ。やる気と実力次第でステップアップできる環境

ケアスタッフとして入職し、1年半後にフロアリーダーを任されました。次の事業所に異動後は、生活相談員とリーダー職を兼務し、現在は事業所長と「大人の教室」講師を兼任しています。大人の教室は、「体操」「脳トレ学習」「アート」のプログラムで構成されています。一人ひとりの個性が出ておもしろいですよ。受講者の皆さんからは「生活にハリが出た」「参加するのが楽しみ」という声をいただいています。入居者様と地域の方との交流という点でも、学研が目指す地域包括ケアの一翼を担っていると思います。カリキュラムのベースはありますが、講師によって進め方はさまざまです。私は、アドバイスはしますがなるべく手を出さず、受講者の自主性や自由を尊重するような授業を心がけています。
管理職へキャリアアップしたスピード感は他社に比べると早いかもしれませんが、当社では珍しくありません。社員の仕事ぶりを見てくれている人がたくさんいるので、本人のやる気と実力次第で次のステージに進める環境です。私の場合は、目の前の課題に責任感をもって取り組んだ結果、徐々に任せていただけることが増えました。そして一度、管理職を経験したら「もっと上を見たい」と、向上心が湧き上がってきたんです。学生時代に部活でリーダーをやっていたこともありましたが、仕事で責任のある役割をいただくのはまた違います。
今、就活中の自分に声をかけるとしたら「想像以上に成長できているよ。この会社を選んで間違いないよ。」と言ってあげたいですね。

画像

正解がない課題にチームで向き合い続ける

正解がない課題にチームで向き合い続ける

事業所長は、対「お客様」「スタッフ」、「経営」の3軸に責任を持つ立場です。入居者様だけでなく、そのご家族様からの相談にのったり、終の棲家を検討している方へ内覧や入居のご案内をすることもあります。また、スタッフたちがいきいきと働けるように職場環境を整えることも大事な役目。悩みや課題は見逃さず大事になる前に解決します。そして忘れてはならないのは、事業所の経営です。お客様の満足度と社員の給与への還元は連動していると思うので、収益については常に厳しく追求しています。管理職の立場となり、スタッフとの人間関係の構築や企業理念の浸透が難しく感じることもありますが、自分の裁量次第で新たな仕事を生み出すこともできますし、さらに工夫して変えていくこともでき、自由度が高くやりがいをもって働けていると思います。
働くスタッフは私より年上ばかり。事業所長として信頼関係を築くために、

とにかく明るく話し合いがしやすい雰囲気づくりや、社員への声かけは欠かしません。いろんなリーダー像がありますが、私の場合はチームの課題をみんなで共有して考える、チームワークを大切にすることを心掛けています。例えば、最近事業所で最期を迎えられる入居者様がいらっしゃいました。悩んだのは、その方と仲良くしていた入居者様に最後の挨拶をしてもらうべきかどうか。チームで話し合った結果、やはり会っていただく決断をしました。死期を伝えず「最後に会いたかった」と後悔されるほうがつらいなと思ったので。幸い、ご家族様の了承も得られたのでお部屋にご案内したのですが、入居者様も「最後に会えてよかった」と言ってくださり安心しました。この仕事には正解がないので難しい決断を迫られることもありますが、これからもチーム一丸となって乗り越えていきたいと思います。

学研ココファンのここが魅力

休日に出掛ける際は、福利厚生制度にある優待システムをよく利用しています。また、家族には「年に一度はハワイに連れて行く」と約束しているので、1週間ほど休みを取得しています。
事業所長という立場ですが、オンとオフはメリハリをつけて働きたいと考えているので、休日もしっかり取れる環境は、家族との時間も大切にできてありがたいです。

一覧へ戻る